2017/04/15

阪神競馬場のターフビジョン/オッズ板(LED/ディスプレイ表示板)

阪神競馬場に設置されている表示板です。
阪急今津線 仁川駅から専用地下道を通って徒歩5分です。

この記事は競馬ではなく表示板の表示に主眼を置いています。
また、私は競馬の知識がほとんど無いため、乏しい説明文となります。

馬場内 マルチ画面ターフビジョン 着順掲示板


2009年冬設置、高さ11.2m、幅46.4mの映像スクリーンだそうです。



左側は映像メインで、右側に着順掲示板(確定板)があります。
着順表示板はアンチエイリアスされていないビットマップフォントによる表示です。


ズームしてみると、1ドットは下記2x2のLEDにより再現されていることが分かりますが、そうでない箇所もあります。


場名・レース番号



1着〜5着


馬番

確定


着差 クビ(馬の首差)、1/2(2分の1馬身差)


タイム

ダート





下見所(パドック) オッズ板


下見所(パドック)に設置されている表示板です。




こちらも2x2のLEDで1ドットを表現しています。


出馬表

枠番、馬番

馬名

馬体重、前回差

騎手

負担体重


現在時刻、発走時刻


払戻金




オッズ表(倍率)












合計票数


ディスプレイ表示板

場外や投票所に設置されているディスプレイです。




見方の詳細はよく分かりませんので、写真のみつらつらと並べます。



数字はビットマップフォントで表示されています。

























0 件のコメント:

コメントを投稿