2017/06/26

京阪淀屋橋駅に設置された発車案内ディスプレイ(発車標)

2017/6/23頃に新設された京阪淀屋橋駅のディスプレイ式発車案内です。

6/24現在、西改札口のみ設置されています。


改札内に設置されています。旧発車案内は撤去されました。
参考:旧発車案内
https://blogs.yahoo.co.jp/yoshi223_kosei/26349416.html





日本語、中国語、韓国語の順に表示されます。
下端にはスクロールでメッセージが表示されます。


出町柳と三条については[京都]表示が付きます。


回送は種別と行き先に跨って表示されます。







深夜急行



つくば駅の16ドットLED電光掲示板/バスの発車案内/券売機

つくばエクスプレス つくば駅に設置されている電車やバスの発車案内です。

【地上】つくばエクスプレス16ドットLED電光掲示板

地上に設置されている16ドットLED電光掲示板です。2017/1/2現在、調整中となっており、表示されていませんでした。




なお、Twitterからの引用になりますが、稼働中はこのように表示されるようです。


【地上】バス時刻案内

地上のバス発車案内です。2017/1/2現在、調整中となっていました。

LED式なのかどうかはよく分かりませんでした。


【地上】バスチケットうりば ディスプレイ

バスチケットうりば内にあるディスプレイです。こちらも同様に2017/1/2現在調整中となっていました。


【地上】バスチケットうりば 券売機

高速バスの券売機です。


【LED再現】網掛け画像を原寸大に一括変換する方法メモ

LED再現において、網掛け処理をした画像から網掛けを外し、1素子を1x1の大きさに一括で変換する方法のメモ書きです。

例えば、このように網掛けされた画像を

このように網掛けを外し、原寸大に戻す方法です。


使用するソフト

・GIMP

フリーソフトです。WindowsやMac等で利用できます。

前準備

網掛けされた画像を開き、左上のドットに網部分が被らないよう、位置調整をします。
下記ではGIMPのスクリーンショットを用いていますが、画像が編集するソフトであれば何でも構いません。

画像の縦横の大きさが1ドットの大きさの倍数となるようにします。
 ・2x2を1ドットとして網掛けしている場合→2の倍数
 ・3x3を1ドットとして網掛けしている場合→3の倍数
 ・4x4を1ドットとして網掛けしている場合→4の倍数

変換手順

GIMPで該当する画像を開きます。
「拡大・縮小」ボタンをクリックします。

補完アルゴリズムは「補完しない」を選択します。これ以外の選択肢を選ぶと、後に画像が滲みます。

画像をクリックし、大きさを変更します。
右側の鎖のマークをクリックし、縦横比を固定します。


幅もしくは高さを1ドットの大きさで割った値を入力します。
例えば、3x3を1ドットとして網掛けしている場合、3で割り算します。480/3=160となります。
鎖のマークを有効化している場合、幅または高さどちらかを入力すると、もう片方が自動計算されます。
入力を終えたら、「拡大・縮小」をクリックします。


画像の大きさが変更され、見事に変換された画像が表示されます。


「画像」>「キャンバスをレイヤーに合わせる」をクリックします。画像の周りにある余分な余白が消えます。


これで完成です。最後に画像を保存して完了です。


以上、網掛けした画像を原寸大の画像に一括変換する方法でした。

京王れーるランドの券売機・改札機・入館券

京王れーるランドに設置されている券売機・改札機・入館券についてまとめました。



券売機(屋内:入場券用)

建物の入口に設置されている券売機です。
オムロンV8券売機が2台設置されています。

入場券購入、およびICカードの残高確認が可能です。ICカードのSFによる購入も可能です。


券売機(屋外:ミニ電車乗車券用)

野外に設置されている券売機です。オムロンV7券売機です。



入館券

入館券です。磁気券で、館内の自動改札機に投入することができます。
屋内展示場、屋外展示場の位置がやや離れており、それぞれに改札機が設置されています。この入館券で同日であれば改札機を何度も入出場することが可能です。

自動改札機(屋内)

入り口に設置されている自動改札機です。




投入時に機器内の動きも見えるよう、一部が透けています。



自動改札機(屋外)

野外展示場の入り口に設置されている改札機です。




おまけ:屋内の多摩動物公園駅発車案内

屋内の出口天井に設置されている多摩動物公園駅の発車案内です。